下有井公民館の再生

7月の発災から数日経った頃、まだびしょびしょになっている道路を民生委員さんと歩き、
土手沿いの公民館にたどり着いた。
 
『下有井公民館』
 
真備町にある6小学校区、二万・箭田・呉妹・川辺・薗・岡田のうちの『薗地区』。
薗地区の中から更に、市場・有井地区と区分され、
 
『有井地区』は、末政川の決壊の影響を強く受けた地域で、
特に被害の大きかった地域の一つです。
この地区のサテライト(前線基地)として、この公民館を使うと。
 
末政川沿いにありながら、奇跡的に被害の少なかった下有井公民館でしたが、
この被害の大きかったエリアのサテライト(前線基地)として使うには、
土手沿いという立地や駐車スペースの無さ、トイレなどの設備のことを考えても

ベストだとは到底思えなかったです。

 

だけど当時は地図上他のどこを考えても、ここしかありませんでした。

時間も物も人もいないし、やると決めたらとにかくやるしかない。
下有井サテライト、を構えました。
以来、地域のニーズ調査、現場段取りの拠点。
社協ボランティアさんと重機・大工・看護などの専門ボランティアを含むチーム旅商人ボランティアを派遣し、多い日には200人ものボランティアを受け入れ拠点となりました。

f:id:ryosyo0423:20181027202930j:plain

また、余裕のある日には珈琲を淹れたり、マッサージ師さんを呼んだりと少しずつではありますが、地域の方々の拠り所となりました。
 
活動を進めながらも、数センチとは言え床上浸水、長い目で見れば、公民館自体の修繕などの必要もあり、サテライトとしての必要性が一定まで落ち着いたら、地域に、町内会に、お返しする予定でした。
状況が変わったのは、9月。
 
県による末政川堤防の拡幅工事によって川沿い数十件の立ち退き・用地買収が決定し、
『下有井公民館』もその範囲に含まれたのです。
 
公民館の今後の話を町内会の前副会長さん、役員さん、民生委員さんにお話にいきました。
 
『ここももう立ち退きが決まってしまったし、先は長くない。どうせ管理する余裕のある人間もいないし、返すくらいだったら、地域のためでも、自分達の活動のためでも、君達の思うように使ってくれた方が嬉しい』
 
その他僕たちボランティアへのたくさんのありがたい感謝のお言葉の中に、
半ば諦めのようなニュアンスも含まれていたのを感じ取りました。
 
『余裕がない』
新旧役員の中の多くの方も、突然の用地買収立ち退きエリアに含まれたお宅だったのです。
 
色々な思いの中で、公民館の運用・管理人を任されました。
 
情報拠点や地域サロン、炊き出し、具体的に何をするか。を考えながらも
地区全体の被害の差、堤防拡幅工事の立ち退き問題。
たった3ヶ月、真備に身を置いた自分のスピード感と、今の『有井地区』の進むスピード感を揃えることに重きを置きました。
 
今、走るのか。歩くのか。
 
とりあえずやることはシンプルで、
掃除して、畳を入れました。
 
・サロン活動などの地域の拠り所、公民館としての再生
・真備再生ベース竹燈としてのサブベース
 
 
ざっくりとした使い方だけで、
まずはシンプルに人が集まる場所。
顔をあわせる。会話をする。
ただそれだけ、だけどそこから始まる無限の可能性を作ることだけを考えました。
 
畳は避難所などの物資の余りとなっていたものをいただきました。
 

f:id:ryosyo0423:20181027214107j:plain

 

f:id:ryosyo0423:20181027214457j:plain

f:id:ryosyo0423:20181027214612j:plain

f:id:ryosyo0423:20181027214519j:plain

f:id:ryosyo0423:20181027213158j:plain

畳を入れ、珈琲を淹れました。
美味しい珈琲やみかんジュースなど用意しております。
 
地域の方の拠り所。
 
井戸端会議所。
 
役員会議やミーティング。

f:id:ryosyo0423:20181027213245j:plain

ママさん達を中心とした地元団体の立ち上げをお手伝いしています。
 
 

f:id:ryosyo0423:20181027213405j:plain

走り回るこども達、
井戸端会議が盛り上がるママさん達、
畳にあぐらかき珈琲片手に笑う先輩方、

f:id:ryosyo0423:20181027213304j:plain

まだ始まったばかり。
 
いつ立ち退き予定日が決まるかもわからない奇跡の公民館に、
有井地区のためにもう一活躍してもらおうと思います。
 

たすけあい、の循環

昨日は有井地区の方の紹介で別地区へ。

真備再生ベース竹燈チーム&地元の方数人で活動、天井・壁剥がしの現場で、馴染みのあるじいちゃん発見!

『はいよ〜りょうしょうさ〜ん!おつかれ〜!』

『えぇっ!⚪︎⚪︎さん!なんで?笑』

驚く僕を見て大爆笑。
地元の方もどうやら驚かせるため黙ってた様子。笑

発災初期、DRT-JAPANの黒澤さんが、『亮章、週末の援人さんは⚪︎⚪︎さんのとこに入ってもらおう。この暑さの中おじいちゃんがずっと1人で石膏ボード壁剥がしして頑張ってんだ。』と、ボランティアチーム援人さんに入ってもらったのが懐かしい。以来、たくさんのボランティアさんのお陰でおじいちゃんの顔は少しずつ柔らいでいったけれど、今の状況を知ってる僕としては、まだまだ余裕がある、とは思えない。そんな状況。

f:id:ryosyo0423:20181025125020j:image

『今日は僕もボランティアですよ〜〜!!ボランティアさんにいっっぱい助けてもらったからねえ〜〜〜!!次は!!こちらが!!頑張る番!!だははははは!!』

『⚪︎⚪︎さん、さっきの写真、発信してもいいですか?今、少しずつ真備に戻ろうという決断をしている方が増えてきて、それに対してボランティアや支援団体は減ってきていて、これからは少しずつ地元の皆さんも協力し合って立ち上がる番!⚪︎⚪︎さんのような人は希望の光なんです』

『僕もその気持ちだ!!真備の皆んなで頑張りましょう!是非発信してください!!』

 

これこれ!こういうの待ってました!

真備再生ベース竹燈-たけあかり- としての活動内容

 

f:id:ryosyo0423:20181011143501j:plain

【真備再生ベース 竹燈-たけあかり- とは】

facebook▶︎

https://www.facebook.com/mabitakeakari

 

まずはじめに...

※私達は、『竹あかりを作る』専門のクリエイター集団ではありません (よく勘違いされるので!笑)

ボランティアの派遣、炊き出しイベントの開催、技術講習会の開催まで
様々な活動を通して真備再生の燈を灯し続けていければ、と考えています。

【真備再生ベース竹燈-たけあかり-の目指すこと】

①”伝える"ことー情報発信・共有
②”繋がる"場をつくることー地域コミュニティ再建のお手伝い
③”助け合う”ことー家屋修繕ボランティア派遣

①『伝える』ー情報発信
"晴れの国"岡山を襲った平成30年7月『豪雨災害』。
『まさか、岡山が』
私たち県民のほとんどがそう思ったに違いありません。
岡山は、倉敷の真備町西日本豪雨災害で大きな被害を受けました。
そしてその後も全国各地で自然災害が発生しています。

これからも避けられない自然災害が起きるであろう中、私達にできることは、今回の災害を教訓として活かし、生き抜いていくことではないでしょうか。

災害に強い真備のまちづくりを目指し、竹燈メンバーでもあり、古民家再生を生業とする『再生建築 北山』の北さんが講師を務める『技術ボランティア講習会』の開催や、他団体の運営するポータルサイトの情報シェアなど、デジタル・アナログ両面において様々な情報発信源となれれば、と考えています。

②『繋がる』ーコミュニティ再建のお手伝い

あの日を境に、避難所や仮設住宅、離れ離れになってしまった人々、通っていた学校には通えない子供達。
ゴーストタウン化してしまっている地域、河川の堤防拡幅工事などによる用地買収などにより、一斉に立ち退かざるを得ない地域もあります。
真備に住む。真備から離れる。それぞれの決断をした真備の人々が、少しでも繋がり続けるコミュニティを作りたい。
倉敷社協さんをはじめ地域団体と協力し、大小様々な規模のイベントや炊き出し、地域サロンのお手伝いなど
人と人が繋がる場作りができれば、と考えています。
夜道、車を走らせていると本当に真っ暗。
いつか家窓からあふれる光で、真備の夜道が照らされますように。

③『助け合う』ー家屋復旧ボランティアの派遣

発災から3ヶ月を迎え、台風・地震と度重なる自然災害や、メディア報道の減少などにより、
暑すぎる夏、他県より真備にお手伝いにきていただいた心強い支援者さん達も、ガクンと減ってきています。
先日は、災害VC受付のボランティア数がついに、真備全体で100人切った日もありました。

今こそ、今からこそ、地元の力でなんとかしていかなくてはなりません。

家屋復旧やリフォームに向けてのお手伝いを、7月の発災よりお手伝いさせていただいている地元団体、Team桃太郎・災害NPO旅商人を中心に、災害VCや他団体そして、地元の皆さんと一緒になってお手伝いしていきたいと考えています。
減り続ける県外からのボランティア数に対し、
様々な理由で復旧の遅れているお宅がまだまだあります。
リフォームか解体か、今も悩んでおられるお宅が沢山あります。

【最後に】

<<地元ボランティア募集中>>

地元岡山のメンバーを中心に立ち上げた真備再生ベース竹燈は、メンバーが現場作業に入りながら不器用に運営しています。
現場作業ボランティアはもちろん、事務作業、炊き出しのお手伝い、細かなことなど、人が足りていません!
できる人で、できる時に、できること、いくらでもあります!!
今こそ地元倉敷の皆んなで助け合い、真備再生の燈を灯し続けていきましょう。

お手伝いできる!話聞きたい!という方おられましたら、

真備再生ベース竹燈-たけあかり-事務局
電話番号:現在整備中です(近日中に!)
メール: mabitakeakari@gmail.com
もちろんメッセンジャーでもokです。

までご連絡お待ちしております!!

竹燈のお月見夜会を開催。

【お月見夜会、ご来場の皆様ありがとうございました!】

f:id:ryosyo0423:20180928212546j:image

2018.9.25(火)中秋の名月真備町川辺小学校にて

川辺地区まちづくり推進協議会様のご協力の元、

《お月見夜会》を開催させていただきました。

力強い太鼓の音や

f:id:ryosyo0423:20180928211953j:image

バイオリンの音色、

f:id:ryosyo0423:20180928212026j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212014j:image

植田さんの歌声に包まれながら、

f:id:ryosyo0423:20180928212203j:image

 

おいしいご飯やカフェ、

f:id:ryosyo0423:20180928212217j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212232j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212247j:image

竹あかりワークショップや

f:id:ryosyo0423:20180928212310j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212329j:image

お団子作り、

f:id:ryosyo0423:20180928212344j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212403j:image

 

0円物資フリマ等、

f:id:ryosyo0423:20180928212428j:image

生憎の曇り空の下で始まったお月見夜会でしたが、

f:id:ryosyo0423:20180928212443j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212458j:image

f:id:ryosyo0423:20180928212515j:image

竹燈の優しい灯に照らされる、沢山のこどもたちの笑顔を見ることができました。

川辺地区はもとより、真備町全体でまだまだ大変な状況が続きますが、

少しずつ、少しずつ。再生の燈を、みんなで灯していければと考えています。

川辺地区まちづくり推進協議会の皆さんや川辺小学校校長先生をはじめ、

企画・準備段階よりご協力いただきましたボランティアの皆さん、お月見夜会にご来場いただいた全ての皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

▶︎山陽新聞に掲載いただきました。
取材いただいた記者の伊丹さん、ありがとうございました。 (http://www.sanyonews.jp/sp/article/794694/1/?rct=area_syuyo)

【お月見夜会にご協力いただいた皆様】(敬称略)

<ライブ>
井原早雲太鼓

神遊山 遍照院 (大原英揮)

植田章敬(弾き語り)
http://ueda-akihiro.net/

<お食事>
・アジアン食堂 アチェチェ
https://www.facebook.com/acheche5005/
中峠 実 (中峠 ミノル)
太田 樹美子 (Kimiko Ohta)
赤木"まちがいない"さん

・太郎食堂
高原 太郎

・レゾノンス
https://www.facebook.com/カレー屋レゾノンス-résonance-curry-196458827588755/

・番茶提供
下山さんちのお茶
https://www.facebook.com/Qualitea.plantations/

・番茶配膳
災害NPO め組ジャパン チーム
パパラ 今井健太郎

https://www.facebook.com/megumijapan.mekehappy/

・コーヒー
旅商人 亮章

<物資協力>
物資リーダー オノ ナオ
秋山知美
樋口 由香 (Yuka Higuchi)

鎌田さおりさん/はらだきよこさん/他つまようじ隊のみなさん/宮本陽子さん 他全国腎臓病協議会のみなさん/ 太田顕子他みんなの劇場おかやまのみなさん/白井 崇裕さん 他ぞうきんプロジェクトのみなさん/原慶さん/森光康恵さん/入江恵未さん/Julie Chikazawaさん/八木悦子さん/別府ゆきこさん /はっとりいくよさん他ほっと岡山

<団子隊>
杉本 圭子
上村 久美
能勢 聖紅

<団子粉、きな粉、砂糖提供>
半鐘屋

<準備、交通整備、運営等>
三宅翔太
トモヒロ イシイ
田辺 清敬
東山 洋士
小野 将太
原在加
Toshihito Kaihara

<キャンドル装飾>
尾崎 達人

<司会進行>
★ますみ先生

<輪投げ、抽選会>
岡山コープ

<チラシデザイン>
 氏峯 麻里

<写真撮影>
白井 崇裕

<竹灯り制作、全体協力>
災害NPO 旅商人チーム
永田 あい 岡野 紘子 小幡 真姫 Qumiko Conashi Sakai Masami吉田 悠介 いのはら こう 長塚 英治 長谷川充

Team桃太郎
https://www.facebook.com/TeamMomotarou/

その他、ボランティア有志の皆様

<竹提供>
土師 智洋

<協力>
川辺地区まちづくり推進協議会
https://www.facebook.com/川辺地区まちづくり推進協議会虹の橋web版-2118931845029552/
槙原 聡美 様

川辺小学校校長 本田先生

市議会議員 塩津学 様

<主催>
真備再生ベース 竹燈〜たけあかり〜
https://m.facebook.com/mabitakeakari/

Ryosyo Hara
Sayaka Yagyu
北山 紀明
三戸龍家

f:id:ryosyo0423:20180928212610j:image

『真備再生ベース 竹燈 -たけあかり-』 を立ち上げました。

地元岡山の仲間達と

真備再生ベース " 竹燈 -たけあかり- "

を立ち上げました。

Facebookページ
▶︎ https://www.facebook.com/mabitakeakari/

こぼれ落ちてきたニーズの対応や、イベント・炊き出し・サロン・地域活動のサポートなど、小さく微力ながらも、真備再生の燈を灯すお手伝いできれば、と思っています。

f:id:ryosyo0423:20180918080652j:plain

発起メンバーとの出会い。

サコちゃんは、今回の水害で自身のお家も2階まで浸かり、救出された翌日から、カヌー救助隊に加わり救出活動。現地入りする前から噂には聞いていて、サテライト立ち上げ後、合流して現在は旅商人の一員として共に活動してくれている仲間。

龍君は、数年前、旅商人の路上営業中に出会いました。よくよく話してみると、僕が高校生の時に通ってて密かにかっけえなと憧れてた古着屋の店員さんだったことが判明。こうやって共に活動するとは当時は知る由もなく。龍君もカヌー救助隊のメンバーです。

北さんは今回の水害で有井地区で共に連携するteam桃太郎の代表。
熊本地震での支援活動や、生業であり古民家再生を主とする 再生建築 北山で培った確かな知識と経験で、技術系ニーズの隊長。

また、広島や愛媛、現在北海道の震災でも支援活動中の
災害NGO結のトムさん・あすきちゃんも日本中駆け巡る中でのサポートを。

その他、旅商人、一ヶ月半以上共に活動する長期メンバーが僕の他に4名もいます。

感謝。

これまで本当に多方面、多くの方の協力・連携の下、2ヶ月間真備で動いてこれました。これからも共に、宜しくお願いいたします。

真備が、倉敷が、岡山が、今回の水害を機に。
再生どころか、何年後、何十年後いつかもっともっと強く燈輝く街に。簡単無責任にそんなこと言ってるつもりはなく、焦る気持ちも、はやる気持ちも、本当に色々あった2ヶ月を超えて。
地に足つけて、前を向こうとする人たちの声が聞こえ始めてます。

たまにはコーヒーでも飲んでいっぷくして、皆んなで少しずつ、再生していきましょう。

<主連携団体>
team桃太郎
災害NPO旅商人
災害NGO

三条楽音祭、出店キャンセルのお知らせ

【出店キャンセルのお知らせ/ 三条楽音祭

 

明日9/9開催の新潟三条市で開催の《三条楽音祭 10th Anniversary

直前のお知らせになり、申し訳ありません。出店をキャンセルさせていただくこととなりました。

事情考慮していただき、直前までお返事待っていただいた三条楽音祭の実行委員の方々に、感謝。

噂に高い、新潟といえば!の楽音祭。前々から、ご縁あれば出店したいな〜と思っていたので、
10周年という節目に出店させていただけると決まった時は本当に嬉しかったのですが・・・ぐぬぬ
いつか必ず出店したいなと思っています。
なんてったって、このメンツ。っく〜羨ましいことこの上なし!
新潟の皆さん、また〜!!
わっしょい

 

rakuonsai.com

Indus&Rocksが真備に。炊き出しの珈琲豆新しくなりました。

【"Indus&Rocks" in 真備】

またも埼玉の仲間達が、はるばる倉敷真備へ。

『もしも良ければ、演奏させてもらいたい』と数日前に連絡。

急なお願いといえばのこのお方、今回も地元の先輩・龍くん(三戸龍家)のお陰様で、繋いでいただいた避難所である岡田小炊き出し班のご厚意で、実現◎

避難所にも少しの娯楽を、と、空気を感じながら、変幻自在に音を漂わせる普段の次郎くんのLiveスタイルそのもの。

f:id:ryosyo0423:20180901155402j:plain

f:id:ryosyo0423:20180901155419j:plain

音がものすっごく馴染んでました。いやあ、良かったなあ。。

そして翌日には、旅商人の大工ボランティア・猪原さんと、Team桃太郎の再生建築・北さんと共に、天井・壁剥がしと、ばっちり現場作業に汗流していただきました。

実は個人的には、7/15代官山でのindus & rocksワンマンLiveへの出店をキャンセルして真備入りした背景もありまして、まさか逆にこっちに来てくれるとは、ということで感無量でした。Indusの皆んな、ありがとうございました!!

f:id:ryosyo0423:20180901155457j:plain


http://indusandrocks.com/

【炊き出しの珈琲豆の変更/ 小西珈琲@岡山】
地元の仲間、サコちゃんにご紹介いただき、岡山市の珈琲屋『小西珈琲』さんに炊き出し用の珈琲豆を提供いただきました。
実は、先日出店した米子のイベントで提供するアイスコーヒー用に豆を卸してもらったのですが、その際『もし良かったら炊き出し用の豆もご協力します!いつでも言ってください!』とご提案いただきました!

f:id:ryosyo0423:20180901155526j:plain

f:id:ryosyo0423:20180901155537j:plain

そして店舗がめちゃくちゃめちゃくちゃいいお店です。ああ、もう行きたい。

西大寺町駅最寄りです!ぜひ行ってみてください〜◎
https://www.cijima.com/konishi-koffee

※今回、全国各地から炊き出し用の珈琲豆の提供をいただいております。合間にドリップして急冷でストックしてるので日々まちまちですが、平均で20~30杯くらいのアイス珈琲を持って現場調査に行ったり、公民館である下有井サテライトに来られる方に飲んでいただいております◎